タナカ株式会社

BLOG 社長日誌

~コミュニケーションを学ぼう~ 平成17年度高等教育機関との連携事業

主催:県立広島大学地域連携センター&広島市まちづくる市民交流プラザ

企画:企画・運営スタッフ養成講座3期生「ななつのわチーム」

住所:〒730-0036

広島市中区袋町6番36号 TEL(082)545-3911

FAX(082)545-3838 E-mail・・・

ふと、2005年1月 広島市テレビ広報番組を日曜日の朝、

広島市佐伯区五日市中央1丁目のわが家台所に設置(小型・VHSビデオ録画対応)

テレビで視聴していると企画・運営スタッフ養成講座 第3期生〈募集情報〉⇒

動機づけ⇒(「将来必ず役立つ能力開発」直感!)「実際公募参加」⇒「合格」

 

年度末の3月末で講座は終了後⇒下記内容での「実践的有料公開講座」〈実施・体験〉

定員:30名 参加費:2000円 

託児」1歳6か月以上就学前までの乳幼児をお預かり(可)

申し込み期限:平成17年(2005年)10月23日(日)

会場:➀➁➃:北棟6階マルチメディアスタジオ

   ➂:北棟5階研修室C

対象:18歳以上(高校生は除く)の方で、原則すべての講座に参加できる方

(連続しての講座となります。各回だけの参加はできません)

 

                小林敬一郎 東京財団政策研究所 研究主幹

                   専門はマクロ経済学など一橋大学教授

                   経済産業研究所上席委員など努める

                    慶應義塾大学客員教授も兼任

                 2019年5月20日BSフジ プライムNews          

 

その年の2月初旬から始まり、最終的なまとめを兼ねた全体ミーテイングは

12月に入ってからという、(その年は多くのプロジェクトに参画から)長い

1年間だったですが、人生の中でも最も充実した体験できた一年だと思います。

 

さて、日経新聞2019年(令和元年)5月20日(月)〈やさしい経済学〉

「働き方の変化とモチベーション」➄九州大学准教授 池田 浩

『チームの「共感」活力を伝染』・・・AIでの代替が難しいと指摘されるのが、

新しいアイデイアを生み出す創造性を要する仕事です。そのため多くの会社で

チームで働く機会が増え、特定の業務遂行のため他部門や多職種からメンバーが

終結し、終了すれば解散する時限的な特徴を持ちます。

〇プロジェクト・チーム

〇ワーキング・チーム(呼称)

「チームで働く強みは同僚との緊密な協力や連携」⇒効率性↑&

互いの知識や考えをぶつけ合うことで「創造的なアイディアを生み出す」〈点〉

 

「意思決定も多角的な視点から的確に判断」〈可能〉

 

「チームで働く人々のモチベーションがお互いに伝わって行くという」〈利点〉

 

管理者⇒部下、同僚へとモチベーションが伝染して〈クロスオーバー効果発生〉

「リーダーに求められる条件として情熱の重要性」〈指摘され〉

管理者の情熱⇒ポジテイブ感情&旺盛なモチベーションはチーム全体に伝染・波及。

 

(ただし)⇔モチベーションを引き下げる〈-〉(負の)伝染にも留意が必要です。

「絶えず不平不満を漏らす人がいると、同じチームの人々のモチベーションは阻害され、

チーム全体が機能不全に陥ります。この現象を『腐ったリンゴ効果』(呼称)

⇔広島県庄原市高野町特産(各種)リンゴ〈豪雪地帯〉「道の駅たかの」

(中国横断自動車道・尾道⇄松江線)「中国やまなみ街道」⇒

「雪を集積した〈氷室〉効果」とは、

たとえば「搾りたてのリンゴジューズがまろやかに甘くなり美味しさが増すなど」

(人により味覚は異なりますが)相対的に飲みやすいリンゴジュースの完成。

 

では、どうすれば良好な伝染を生み出すことができるでしょうか。

その鍵は「共感」です。共感は他者が感じている気持ちを自分のことのように

感じる「情動的共感」とよく理解されますが、もう一つ重要な側面

〇目的や目標をチームで自分事と捉える「認知的共感」〈存在〉⇒

「認知的共感」がチームで醸成されると、

活気あるモチベーションを広げるための基盤の役割〈果たす〉⇒

チームに於いて、認知的共感を作り上げることで、リーダーやメンバーの

旺盛なモチベーションは、チーム全体により波及していくと考えられます。

 

司法試験の予備試験想定問題でAIが活躍報道(上)

 

平成30年(2018年)10月11日、広島市佐伯区に於いて起業

タナカ株式会社 代表取締役 田中正之より弊社マスコット【まさちゃん】《顔》は

本年1月末よりFacebook上で「動き出していて」太陽光発電事業での次へのステップ~

「固定買取価格制度」中のいま、「10年間・中国電力管内規定金額での売電可能」⇒

それ以降、買取価格減額⇒「自己消費」での夜間利用設備(装置)

〈キーワード〉:「蓄電池」(上4枚写真:近未来予測の一例)