タナカ株式会社

BLOG 社長日誌

読売新聞 大阪本社版 2019年(令和元年)5月13日(月)〈1面〉

「時事問題大好き!」タナカ株式会社 代表取締役 田中 正之 

弊社マスコット【まさちゃん】《顔》:Facebook上で平成31年1月末~「令和元年」

いま、動き出しています。

 

➀「データ入力 防災や渋滞緩和」政府は今年度、実在する国内の都市を再現した

3次元の地図上で、災害や交通渋滞などの※模擬実験ができるシステムを開発する方針を固めた。

➀の狙い⇒インターネット上で公開することも検討する。

具体的システム構想では、

〇都市の平面地図と地盤、構造物のデータを組み合わせ、立体的に表示〈前提〉

❶風速や降水量、日照などの気象情報

 

➁車の交通量

③人の動き-などデータを入力して都市を丸ごと再現する

⇒入力するデータ〈数値〉変え、災害や交通渋滞など様々な状況を作り出し

時間の経過に伴う変化を把握(する)

 

 

〈例示〉都心中心部の気温が周囲に比べて島状にたかくなる「ヒートアイランド現象」

河川の氾濫で住宅が浸水する状況を発生(バーチャルリアリティー化)させることで、

熱中症の予防や防災対策に生かすことができたり、コンサートなど大規模なイベントを想定した

人の流れを解析することにより、会場と周辺の駅を結ぶシャトルバスを効率的に運用。

混雑を緩和させることも可能(になる)。⇔2次元データにはない「高さ」〈加味〉⇒

⇒建物の密集度に応じた気温の違いや、浸水の高さなどを視覚的に捉えられる利点がある。

 

 政府は近くモデルとなる都市を選定。開発費は内閣府&国交省で分担。

システム:国交省〈運用〉(する)

 

〇主に自治体や大学、研究機関が利用することを想定(一部機能)専用サイト〈公開〉⇒

6枚の写真:中国北京の最新事例 NHK BS1「国際報道」『海のシルクロード「一帯一路」』

➃2019.5.10(金)(完)

 

⇒企業や個人など誰でも利用可能〈方針〉⇄先端技術を使い「省エネ」「生活の質(QOL)の向上」

⇒「スマートシティーの整備」「効率的な物流ルートの設定」⇒

⇒キーワード:〈民活〉「システムの応用」拡大化戦略(期待される)

 

海外での模擬実験システム:シンガポール〈開発推進中〉⇒一般公開(前提)デモ動画〈公開中〉

※イメージ写真添付

NHK BS1「AIロボットの世界」より2019.5.12(日)PM10:00~