タナカ株式会社

BLOG 社長日誌

弊社、タナカ株式会社 代表取締役 田中 正之は地元地方銀行の広島銀行さんと ネットバンキング登録を済ませています。 たとえば、D「広島銀行」4月16日 【重要】広島銀行からお知らせいたします((再送)改元・10連休におけるビジネス Webサービスご留意事項)「受信トレイ」 平素は広島銀行をご利用いただきました誠に ありがとうございます。 さて、今般、2019年5月1日に改元、同日を祝日とし、4月27日から5月6日は10連休と なります。ビジネスWebサービスにおける留意事項についてご案内申し上げますので ご確認いただきますようお願い致します。 ※2019年3月時点のご案内から取扱いに変更はございません。 1.【10連休】 サービスご利用時間について 2.【10連休】 データ伝送の受付時限について 3.【改元】入出金明細・振込入金明細の日付について(データ転送・ファイル所得の場合) 4.【改元】地方税納入の日付について(データ転送・ファイル所得の場合) 5.その他のご留意事項 〇広島銀行における改元・10連休に関わる対応について http://www.hirogin.com.jp/infomation/info190304 まさに、時代の変化「平成」~「令和」へ代わることに伴う、ソフトウエア開発者の作業や事務的処理への 事前対応を〈事前予測〉⇒〈顧客サービス〉⇒〈顧客満足度の向上〉⇒〈自社へのファン獲得戦略〉 上記のような対応を予知(いま「市民社会」於いて、最も必要とされるスキル、問題意識を持つ)能力開発 ではないでしょうか。 まずは、身近な環境・話題から自分の言葉で他者(他社担当者)との対話。即ちコミュニケーションが取れる面。 それには、多くの体験・経験。それも苦悩も含まれる、自らが問題意識を持ち対応する案件をどれだけ 自分の能力開発、技能習得も含め実践体験と最新知識や業界情報の取集を習慣化できるか、できないか。 前者と後者により歳月(年月)経過での「格差」は目に見えて生まれるのではないかと考える機会を先般 地元、五日市コイン通り路地裏、カラオケのお店【ほのかちゃん】於いて、「平成」⇒「令和」時代 お店のスタッフとの対話やカウンター、ボックス(簡易)席でのグループとの一体感も地元ならではの 情報、年代、地域特性の共有による「連帯感」まで醸成できた自身を回顧しての大型連休明けの朝でした。 最後に【ほのかちゃん】の女性店主の人間性は多くのカラオケファンを獲得されており、何が他店との違いなのか? ➀最新のカラオケ通信機器を導入(※一部写真添付)して曲のソフトが満載で歌い易い高性能マイク。 ➁細長いカウンター中心のお店でありながら、床の仕上げが厚手のじゅうたんで立って歌っても足の負担が少ない。 ➂団体にも狭いスペースの角スペーを上手に活用し、スタッフが集中して接客できている。 ➃客層の特徴として、Jポップス、昭和歌謡、ロック、フォーク、ニューミュージックの好きな人が多いい。 ➄演歌・ムード歌謡の好きな人でも➃を受け入れる度量があり、違和感を前面に出さない。 ➅女性客と男性客を一般標準料金(カラオケ歌い放題包含)の1000円の差を設け女性客が多い。 ➆陽気な雰囲気で仲間意識が生まれデイスコダンスなど簡単に複数で踊りができる雰囲気にもなり易い。 気分転換には最高のお店がお分かりいただけたでしょうか? 【令和元年】あけましておめでとうございます。(笑顔)⇒「昭和」⇒「平成」変化時代を経験のわたし。 また、同じようなロマンス。期待(自らの積極性も大切)感。「ワクワク気分」 「笑顔」:弊社マスコット【まさちゃん】は“Facebook”上で動き出していて、「社長日誌」ブログとの連動⇒ 情報発信→相乗効果が生まれています。「未来予測包含」