タナカ株式会社

BLOG 社長日誌

広島市 タナカ株式会社 代表取締役 田中正之より

 

9月の残暑も和らぎ、秋の気配は日に日に深まっている今日この頃ですね。

 

 

弊社マスコット【山ボーイ正ちゃん】をイメージしながら

 

地元の山へ登ることが出来ました。

 

 

この山には小学校時代「春の遠足」で登った経験が1度ありますが

 

登山口の場所(ルート)が異なり、なかなか登るチャンスに恵まれませんでした。

 

今回は初登山ルートで午前11時前、森の中の登山道を登ります。

 

 

 

 

〈登山ルート途中その1〉

 

登山道は整備されていましたが、山肌にはイノシシの掘った形跡が数カ所あり

 

日が暮れての登り降りは危険だと思いました。

 

 

都市化の進む団地背後の急傾斜地には

 

近年「砂防ダム」が設置されますが、近くに見えました。

 

 

 

〈登山ルート途中その2〉

 

 

森の中は日差しも入って来ますが爽やかな秋の気配を感じることができました。

 

 

 

〈登山ルート途中から別の尾根筋を眺める〉

 

 

森を登っていると、広島湾の見える場所に到着しました。

 

 

 

〈晴天に恵まれた瀬戸内海の海と島〉

 

 

途中、分かれ道があり50メートル下る道沿いには水汲み場がみえました。

 

 

 

〈登山ルート途中その4〉

 

 

山頂まであと300メートルの標識もありました。

 

 

実際登る300メートルと平地の300メートルの違いをイメージしながら

 

山頂を目指しました。

 

 

 

〈標高312m「鈴が峰」山頂より右手前「黄金山」〉

 

 

 

山頂で休憩を兼ねてお昼前にお弁当をいただきました。

 

 

その後、商業施設と埋め立て地など都市景観と背後の山並み及び団地などを撮影しました。

 

 

 

 

〈「鈴が峰」山頂からの景観その1〉

 

 

 

 

〈「鈴が峰」山頂からの景観その2〉

 

 

 

 

〈瀬戸内海に浮かぶ安芸の「宮島」〉

 

 

 

 

〈都市化が顕著な広島市西部地域と廿日市市方面〉

 

 

 

 

〈北側 佐伯区内の団地と右上は安佐南区の高層マンション〉

 

 

 

 

〈北側の山並み〉

 

 

 

 

〈右上 サンフレッチェ広島の拠点スタジアムと高層マンション〉

 

 

今回、鈴が峰山頂からの風景には秋ならではの心地よい風を感じながらの撮影

 

思い出に残る秋山登山を体験できました。